情報商材アフィリエイト・タクティクス~情報商材で稼ぐ戦略

metaタグとSEO対策

ここでは、metaタグとSEO対策 に関する情報を紹介しています。
情報商材アフィリエイト・タクティクス HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 情報商材アフィリエイト・基礎編 > metaタグとSEO対策
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEO対策に利用されるmetaタグには、

「description」(サイト説明文)

「keywords」(認識して欲しいキーワード)

の2種類があります。ではこの2つを以下で説明します。


■「description」

「description」は、スパイダーに対してサイトの説明をします。
書き方は、<head>~</head>の間に

<meta name="description" content="○○○○○○○" />

と挿入します。○○○○○○○の部分にサイト説明文を
入れて下さい。

このサイト説明文は、検索結果のタイトル下に掲載されるので、
キーワードを含んで、なおかつユーザーの興味を引くようなもの
でなければなりません。


■「keywords」

「keywords」は、スパイダーに認識して欲しいキーワードを
記述するためのものです。書き方は、<head>~</head>の間に

<meta name="keywords" content="○○○,○○○,○○○" />

と記述します。キーワードは半角カンマ「,」で区切って下さい。

キーワードの数は10個以下がよく、あまり多すぎるとスパム
扱いされる、など言われています。

しかし、これ以上書いたらスパムだっていう具体的な数値は
実際のところ分かりません。

常識の範囲内で、本当に認識して欲しいキーワードを数個
記入するだけで十分です。


■metaタグについてまとめ

metaタグは、スパイダーに対して

「このサイトはこんなサイトで、キーワードはこんなんですよ~
 巡回するときの目安にしてくださいね。」

的なものです。あくまでも参考にする程度です。

確かに以前は重要でしたが、正しく使う人ばかりじゃないんです。

一時期、どんなキーワードで検索してもアダルト関連のサイトばかり
上位に表示されるときがありました。
このとき、metaタグのSEOとしての効果はほとんど無くなったんです。

なので、スパム臭いことをするよりも、検索結果に表示されたとき、
クリックされやすい説明になることに重点を置いたほうがいいです。

無料ブログサービスのテンプレートの場合、「description」の
metaタグは設定されていますが、「keywords」のmetaタグは
記述されてないことが多いのです。

記述されてない場合は、<head>~</head>の間に
以下を追加してください。

<meta name="description" content="○○○○○○○" />

<meta name="keywords" content="○○○,○○○,○○○" />


______________________________


この記事が少しでもお役に立ちましたら応援お願いします!
    ↓↓↓↓
アフィリエイト・ランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jouhoushouzaiafiri.blog97.fc2.com/tb.php/45-15204c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:情報商材 アフィリエイト ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。