情報商材アフィリエイト・タクティクス~情報商材で稼ぐ戦略

2007年05月14日

ここでは、2007年05月14日 に関する情報を紹介しています。
情報商材アフィリエイト・タクティクス HOME
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
トラックバックスパムについて

トラックバックがアクセスアップにおいて、物凄い威力を発揮する
と別の記事でお話したことがあると思います。

まだ読んでいない方は→こちら

しかし、無料ブログサービスを利用している場合、トラックバック
には細心の注意を払わなければなりません。


各々の無料ブログサービスでは、

・一回に送れるトラックバック数を制限

・該当記事へのリンクがないトラックバックの拒否機能

・アダルトサイトからのトラックバックを拒否


など様々なトラックバックスパム対策をおこなっています。

そもそも、何がトラックバックスパムなのか?

この基準は、トラックバックを受ける側の価値観により大きく変わ
ってきます。


トラックバックを打つ最低限のルールとして、

・関連のある記事に打つ

・相手先へのリンクを貼る(言及リンク)


普通は、この条件を満たしていないものがトラックバックスパムと
判断されるのですが、トラックバックを受けること自体をスパムと
思う方もいます。

特に、”アフィリエイトで稼ぐ”系のブログからのトラックバック
を嫌がる人が多いですね。

「こっちはルールを守ってるんだし、そんなの知ったことじゃない、
勝手に削除してくれれば良いよ。」

という話で終われば良いんですが、事はそんな単純じゃありません。

僕の利用しているFC2ブログでは、トラックバックを削除する際、

「今削除しようとされているトラックバックはスパムですか?もし
スパムでしたらソーシャルスパム対策で情報を共有して迷惑サイト
の撲滅に協力してみませんか?」

というウインドウが開きます。

つまり、ルールに従ったトラックバックであろうとなかろうと、受けた
相手の気分しだいで、あなたのブログが迷惑サイトととして登録
されてしまうのです。

最悪の場合、警告なしでブログを削除されてしまいます。そこが
”無料”の怖いところでもあります。

実際にブログを削除された方も多くいらっしゃいます。

確かに、自動トラックバックツール、自動コメントツールなどを使
用する人のモラルにも大きな問題があります。

しかし、ブログの最も優れている”横のつながり”がなくなるのは
非常に困ります。

トラックバック=スパム、と考える受ける側の意識、そしてトラッ
クバックを打つ側のモラルの改善。

そのうち、コメント機能も…

ブログの削除という最悪の事態にならないためにも、無料ブログを
使用している方は、他のブログへのトラックバック、コメントには
細心の注意を払ってください。

______________________________

この記事が少しでもお役に立ちましたら応援お願いします!
    ↓↓↓↓
アフィリエイト・ランキング

スポンサーサイト
SEO対策:情報商材 アフィリエイト ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。